1828


Charmediterraneen/Orchestre National De Jazz(ECM 1828)(輸入盤) - Recorded October 15 and 16, 2001. Paolo Damiani(Cello, Direction), Francois Jeanneau(Ss, Fl, Codirection), Thomas De Pourquery(Ss, As, Ts), Jean-Marc Larche(Ss, As, Bs), Mederic Collingnon(Cor), Alan Vankenhove(Tb), Gianluca Petrella(Tb), Didier Havet(Tuba), Regis Huby(Vln), Olivier Benoit(G), Paul Rogers(B), Christophe Marguet(Ds), Anouar Brahem(Oud), Gianluigi Trovesi(Piccolo Cl, As) - Sequenze Orfiche 1. Prologo: L'Orfeo 2. Sequenza Prima 3. Sequenza Seconda 4. Sequenza Terza 5. Sequenza Quarta 6. Epilogo Estramadure 7. Part 1 8. Part 2 ) Part 3 10. Montbeliard Trio Artefact 11. Part 1 12. Part 2 13. Argentiera 14. Charmediterraneen 15. Argentiera


(02/08/11)オルケストル・ナショナル・デ・ジャズのECMへの録音ですが、彼ら自身のプロデュースということもあって、ECMらしからぬ元気な演奏。組曲が3つと長尺のタイトル曲がアルバムの中心で、それぞれのドラマ性が面白い。アヴァンギャルド風味を残しながら、まとまりの良い演奏を聴かせてくれます。ゲストとしてアヌアル・ブラヒムらの名前も見え、彼が演奏するとその場面だけ雰囲気が変わります。11-12曲目はブラヒムの曲で、エキゾチックなサウンドを聴くことができます。タイトル曲の14曲目は、やはりブラヒムが最初に登場する、壮大な雰囲気の7拍子の哀愁風味のある曲。後半はソロが中心のフリーっぽく比較的静かな展開になり、ラストでまた壮大な7拍子が復活。他の短い曲もそれぞれ個性があります。