1456


The Suspended Step Of the Stork/Music Composed By Eleni Karaindrou, For The Film By Theo Angelopoulos(ECM 1456) - Recorded April And August 1991. Vangelis Christpoulos(Oboe), Nikos Spinoulas(French Horn), Christos Sfetsas(Cello), Dimitris Vraskos(Vln), Ada Rouva(Harp), Andreas Tsekouras(Accordeon), String Orchestra - 1. Refugee's Theme 2. Search - Refugee's theme Variation A 3. the Suspended Step 4. Train - Car Neighbourhood Variation A 5. Refugee's Theme 6. The River - Refugee's Theme 7. Refugee's Theme Symphonic Variation No.1 8. Train - Car Neighbourhood Variation B 9. Refugee's Theme Symphonic VariationNo.2 10. Hassaposerviko 11. Search - Refugee's Theme Variation B 12. Waltz Of The Bridge 13. Finale 14. The River - Refugee's Theme


邦題「こうのとり、たちずさんで」オリジナル・サウンド・トラック。全曲エレニ・カラインドルーの作曲。全編を通して、重く、静かなオーケストラの曲が続きます。これはもはやジャズではなくて、クラシック寄りの映画音楽ととらえた方が良く、アルバムを通して35分の長さに、蒼い色調の沈んだ短編の曲が1分弱-4分ほどの長さで13曲。3曲目が、たぶん映画のテーマともなる曲で、この曲のみ13分の長さになります。映画監督のテオ・アンゲロプロスはギリシャの有名な映画監督で、わずかにジャケットに見れる映画の風景も、音楽に合わせて沈んだ色調になっていて、この映画にこの音楽、果たしてその人間模様に幸福はあるのか、どこまでも哀しみをさまようのではないか、という気にさせます。New Seriesの方が向いている。